雇用保険に係る支給上限額・下限額について

雇用保険の支給上限額・下限額を確認する!

 毎月勤労統計における平均給与額の変動に基づいて、毎年8月1日に雇用保険の賃金日額(失業保険を受ける時に基準となる額)をはじめ、各継続給付に係る支給上限額・下限額を厚生労働省が変更しています。
 ここでは、高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付に係る支給上限額・支給下限額についてご案内いたします。令和元年8月より適用

 

■60歳到達時における賃金登録
登録上限額 476,700円(472,500円)
登録下限額 75,000円(74,400円)

 

■高年齢雇用継続給付
支給限度額
(支払われる賃金+給付金額の合計額)
363,359円(360,169円)
最低限度額 2,000円(1,984円)
令和元年8月以降の支給対象期間から上記金額へ変更。

 

■育児休業給付
支給限度額(支給率50%) 227,100円(225,150円)
支給限度額(支給率67%) 304,314円(301,701円)
初日が令和元年8月1日以降の育児休業期間から上記金額へ変更。

 

■介護休業給付
支給限度額 335,067円(332,052円)
令和元年8月1日以降の介護休業期間から上記金額へ変更。

注意:(  )内は昨年の金額です。