一人親方・中小事業主ー簡易チェック

 労災保険特別加入制度は、法律で定められた加入要件を満たさなければ、労災事故が起きても保険給付が行われません。それだけに、加入する際の入口は非常に大切です。「中小事業主」と「一人親方」では、加入方法が全く異なるからです。
 当コンテンツでは、事業経営されている方を対象として、労災保険に加入する際、「中小事業主」として加入すべきか、「一人親方」として加入すべきかを簡単にシミュレーション(判定)することができます。


 本シミュレーションは、個人を特定するものや質問に対する回答等(個人情報)をデータベースに保存することはありませんので、安心してご利用ください。


●「特別加入制度」って何ですか?●
 仕事中・通勤途上のケガ等について、国の労災保険が適用されるのは、原則として労働者の方々だけです。経営側に立たれる方々は、仕事中のケガであっても労災保険は適用されません。
 しかし、労働者災害補償保険法で定められる「特別加入制度」に加入することによって、経営者の方々も労働者の方々と同様に仕事中のケガ等について、同じように労災保険が使えるようになります。この制度を「特別加入制度」と呼びます。



!

本ページにおいて行うチェック項目により判定された結果については、おおよその目安(基準)であり、正確かつ確実であることを当センターが保証するものではございません。

!

個別具体的に判断した場合、本コンテンツの判定結果と異なる場合があります。

!

本シミュレーションの結果によって生じる一切の損害について、当センターでは責任を負いかねますので予めご了承ください。


上記の同意事項に・・・

同意しません 同意します



PAGE TOP