建設一人親方労災保険料について(4月加入の場合)


本ページにおけるシミュレーションは、1年用(本年4月〜翌年3月末日)です。年度途中で加入を希望される方は月割計算となりますので、こちらをご覧ください。


確認してみよう!あなたの適正な給付基礎日額は!?

ご自身の年収ベースから算出された額(※1)に近い給付基礎日額を選択すると、事故が起きた際、日頃の所得に見合う補償(保険給付)を受けることができます。

あなたの年収を右欄へご入力ください
1日あたりの平均所得単価(=給付基礎日額)※1

上記で得られた額に近い「給付基礎日額」を選択して、計算ボタンを押してください↓


年度途中で加入される方は月割計算となりますので、下記をクリックのうえご確認ください。
年度途中(5月以降)加入の方は、月割計算となりますので、こちらをご覧ください

※下記のシミュレーションは、一年度用(本年4月〜翌年3月末日)です。

年間労災保険料・諸経費シミュレーション 年間(4月〜翌年3月)の労災保険料・諸経費を表示します。

下記よりご希望の給付基礎日額を選択のうえ、計算ボタンを押してください。

希望給付基礎日額
▼をクリックして一覧より、ご選択ください。
諸経費
※諸経費の内訳は次の通りです。
 会費:12,960円/年(税込)
 入会金:10,800円(税込)
合 計

☆入会金10,800円(税込)は、初年度のみです。継続更新される場合は、次年度以降はいただきません。
☆年度途中(毎年5月以降)に新規加入される方は、保険料が月割計算となりますので、上記試算額とは異なります。5月以降に加入を希望される方はこちらの保険料シミュレーションをご利用ください。



国の労災保険制度だから安い保険料で大きな安心!

政府(国)の労災保険は、割安な保険料で手厚い補償が受けられるため、大きな安心を手に入れることができます!
補償内容の詳細は、こちらをご覧ください。

例 ― 給付基礎日額3,500円を希望する場合
    ●新規加入 1年目:48,032円
    ●継続更新 2年目以降:37,232円
補償額により多少の相違はありますが、2年目からは1日あたり、わずか100円程度の金額大きな安心が得られます。

※4月から翌年3月までの1年間の総経費で比較表示しております。



参考 ― 給付基礎日額3,500円で年度の途中に加入した場合
    ・ 7月加入(翌年3月までの9ヶ月間加入)・・・38,724円
    ・10月加入(翌年3月までの6ヶ月間加入)・・・29,416円
    ・ 1月加入(同年3月までの3ヶ月間加入)・・・20,108円

(注)上記の金額は、入会金等一切を含んだ金額を表示しております。
※詳細は、一人親方共済会までお気軽にお問い合わせください。




PAGE TOP