個人情報への取り組み


SRPⅡ認証概要


「個人情報保護方針(プライバシー・ポリシー)」は、こちらをご覧ください。

「特定個人情報の取り扱い」は、こちらをご覧ください。




SRPⅡ認証概要

社会保険労務士SRPⅡマーク 認証第1600064号
 

名  称:SRC・総合労務センター

認証番号:第1600064号

有効期限:平成28年9月1日〜平成33年3月31日

認証機関:全国社会保険労務士会連合会






SRPⅡ認証の取得について


 SRC・総合労務センター(以下「当センター」)は、2016年9月1日付にて、SRPⅡ認証の審査に合格し、全国社会保険労務士会連合会(以下「社労士連合会」)より、「特定個人情報等について適切な安全管理措置が講じられた事務所」としてSRPⅡ認証を取得するに至りました。

 当センターでは、社会保険労務士という業務の特性上、従来からクライアント企業様の情報には、慎重かつ適切に取り扱ってまいりました。しかし、2005年にスタートした個人情報保護法や、社会的意識の高まりを踏まえ、見える形で個人情報の適切な運用を実施している旨の認証を公的機関から受けることは、クライアント企業様への「安心と安全」をご提供できる良い機会であると考え、社労士連合会により、2008年に創設されたSRP認証制度に対していち早く取り組み、全国で2番目の認証を受け、既にこれまで3回の更新をしてまいりました。

 今般、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)」が施行されたことに伴い、特定個人情報等の取り扱いについて、より一層の安全管理措置を講ずる必要性が生じます。これを受けて社労士連合会がマイナンバーに対応した新たな認証基準を導入するに至りました。当センターとしては、これらの社会情勢の動きを厳粛に受け止め、事務所体制を整備し、より厳しい基準となった新制度(SRPⅡ)の認証を受けるに至ったものであります。

 当センターは、今後も特定個人情報をはじめ個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの定期的な見直しと、継続的な改善を図り、職員一同クオリティーの高いサービスを提供して参る所存です。


【SRPⅡ認証制度とは】
 SRPⅡ(Shakaihoken Roumushi Privacy)認証とは、社会保険労務士事務所が個人情報を適切に取り扱っていることを、厚生労働大臣の認可を受けた法定団体である全国社会保険労務士会連合会が公的に認証する社会保険労務士独自の個人情報保護制度です。
 従来のSRP認証基準に、マイナンバーに対応した安全管理措置が講じられているか否かが認証基準に加えられ、SRPⅡとしてリニューアルされています。同連合会の厳格な認証基準と審査によって、特定個人情報等を適切に取り扱い、安全管理措置が講じられていると判断された事務所にはSRPⅡマークとともに認証番号が付与されます。

*

2016年9月1日
SRC・総合労務センター
代表 社会保険労務士 佐藤光秋




PAGE TOP